通販システム・ソフト開発の通販番長:引当て(ひきあて)って何?

通販システム、通販番長のサイトです。最終更新日: 2010-08-12

通販番長

引当て(ひきあて)って何?

弊社でシステムのデモを行っている時に必ずといっていいほど質問がある在庫引当てということについて説明しましょう。

”在庫引当て”とは一口に言いますと”商品の確保”のことです、Aさんから3個の注文が来て今商品が10個あるとするとその10個のうちの3個はAさんのものとします。

これを人力でやるとすると商品にAさんのものですと書いておくか、別の場所においておくしかありませんね、しかし注文がくるたびにこういうことをすると非常に大変です。
では商品の確保をしないとするとどうなるでしょう?
10個しかないのにAさんから3個、Bさんから8個の注文がくるとBさんの出荷をする時になって「あれ!?足りない」と気づくことになります。
急いで発注をしBさんには謝らなければなりませんね。

こういったことを解決するためにあるのがシステムの引当てという機能です。
上記の例でいきますと
在庫が10個のときAさんの注文(3個)がきますそうすると
在庫が10個、確保可能な在庫が7個となります
次にBさんの注文(8個)が来ます、とのときに確保可能な在庫が7個しかないので確保できませんと警告が出ます。
Aさんの注文が出荷されると
在庫が7個、確保可能な在庫が7個となります。

要するに実際の在庫数量のほかにもう一つ確保可能な在庫数量を保持しているということです。

これは人手でやるとすごく大変ですが、在庫引当の機能があれば自動で確保したり、キャンセルがあれば確保可能な在庫を増やしたりされますので運営者は足りない分を発注すればよいだけになります。

在庫が豊富にある商品のみを扱っている方には逆にないほうがスムーズですが、受発注の商品がある方や予約の商品がある方、大量のアイテムを販売されている方等は在庫管理をしっかりして引当ての機能があれば必ず出荷できる注文しか出荷しないので出荷時に手戻りがなくなり、かつお客様にも迷惑がかからず運営が非常に簡単になります。


著作権は株式会社スプレンダーコンサルティングまたはその記事の筆者に属します。(著作権について
当サイトに掲載されている記事や画像などの無断転載を禁止します。

通販番長メルマガ購読申込はコチラ